So-net無料ブログ作成
検索選択

iOSをiTunesのホームシェア機能でMac⇔Win間アップデートしてみた [iPhone]

先月からソフトバンクが音声ネットワークの最適化を2011年10月以降に実施する都合で、iOSを最新バージョンにアップデートししてくれ、とアナウンスしています。
iphone_3gs_upana.png

現在使っているPCはG4のMDDなんだが、何せIntel時代の今と比べると既に化石であるPowerMac。
この子のiTunesはVer.9.2.1が最終で、iOSもver.4.1までしかフォローしていない。

今回のSBのアナウンスからすると、所持するiPhoneは3GSなので、iOSはVer.4.3.5にしなきゃならん。
そんなわけでiOSのアップデートが困難な環境にどうするか考えた。まずは、iOSの4.1以降にするためには、どうしてもiTunesがVer.10以降でなければならない。
それは、所持するPowerPCでは無理なので、Intel Macに乗り換える必要がある。
だが、たかがiPhoneの通話品質を落とさないためだけに新型機を導入できるほど、オラの懐は寛容ではないので(とほほ)、他の方法を考えた。

何気にiTunesは古いAppleマシンを切り捨ててるわりに、Winに対してはXPでVer.10以降をインストールできるという事に気付いた。
幸い、我が家には年に数回しか活躍しないDELLInspiron1300がある。
これに最新のiTunes入れればいいんじゃね?と思って早速試したら、Ver.10.4が対応してた。

ひとまずiOSをアップデートするだけの環境は整った。
ただし、ここで使用中のiPhoneを同期してしまうと、内容が空のiTunesにアクティベートするわけだから、当然初期化されると考えられる。

どうすっかな〜って迷ったあげく、iTunesにはホームシェアリングの機能がある事を思い出した。
itunes_homeshare.png

Mac⇔WinでiTunesを共有させた上で、Win機にiPhoneをアクティベートすれば、Ver.違いでもなんとかなるんじゃね?って思って早速iTunesのホームシェアを開始!
itunes_homeshare02.png

そーしてぇ〜、iPhoneをWinにジャック、オン!!!

期待通り、これまでのiPhoneの内容もMac⇔Winで共有してくれて、なんとかiOS4.3へのアップデートにこぎ着けました(V^−°)
itunes_share.JPG

念のため、iOSはアップデートしたら、以前のキーパットの件もあるので(iOS4にしたらキーパッド入力が遅い)2回再起動しときましたv

【関連ページ】
iPhone|iOS4.0.1アップデート配布
iOS4にしたらキーパッド入力が遅い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。